漢字検定対策の無料練習問題集

TOP 四字熟語問題一覧 四字熟語問題 46

四字熟語問題 46

次の□□を、下の候補から読みを選び漢字に直せ。

1.巧遅□□
こうちせっそく
上手だけど遅い、よりも、下手だけど速い、のほうが良いということ。「巧遅」は上手だけど遅いこと。「拙速」は下手だけど速いこと。
読み 意味 解答 巧遅拙速
手書きパッド
閉じる
2.□□諾諾
いいだくだく
物事の良し悪しにかかわらず何事でも、「はい、はい」と人の言いなりになるさま。
読み 意味 解答 唯唯諾諾
閉じる
3.泰山□□
たいざんほくと
ある一つの分野で大家(たいか)として最も尊ばれる人。また、ある分野の第一人者。「泰山」は中国の名高い山のこと。「北斗」は北斗七星のことで、どちらも人々が仰ぎ見る存在であることから。
読み 意味 解答 泰山北斗
閉じる
4.□□背反
にりつはいはん
二つの矛盾する命題が、同等の権利や妥当性をもって主張されること。
読み 意味 解答 二律背反
閉じる
5.□□一会
いちごいちえ
一生に一度だけの機会や出会いのこと。また、機会や出会いを生涯に一度だけだと思って大切にすることのたとえ。
読み 意味 解答 一期一会
閉じる
6.□□小用
たいきしょうよう
優れた才能を持った人に、つまらない仕事をさせること。人材を使いこなせていないことをいう。
読み 意味 解答 大器小用
閉じる
7.夏炉□□
かろとうせん
夏の囲炉裏と冬の扇(おうぎ)ということから、時期外れで役に立たないもののたとえ。
読み 意味 解答 夏炉冬扇
閉じる
8.百戦□□
ひゃくせんれんま
多くの実戦によって、鍛えられていること。
読み 意味 解答 百戦錬磨
閉じる
9.羽化□□
うかとうせん
酒を飲むなどをして、良い気分になることのたとえ。人間の体に羽が生えて、仙人となり天に昇っていくということから。
読み 意味 解答 羽化登仙
閉じる
10.□□万倍
いちりゅうまんばい
一粒の種で、万倍もの収穫を得ることができるということから、少しのものから多くの利益を得るたとえ。また、少しのものだからといって粗末にはできないという戒めとしても使われる。
読み 意味 解答 一粒万倍
閉じる
いい  にりつ  いちご  とうせん  たいき  とうせん  いちりゅう  ほくと  せっそく  れんま 
※クリックで使用済みにできます。
全解答を表示 全解答を隠す

準1級問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2020年10月18日
検定受付期限は2020年9月4日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

アプリアイコン
毎日漢字問題
スマホアプリができました!
AppStore、GooglePlayで「毎日漢字問題」と検索して、是非ダウンロードしてください。
Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク