漢字検定対策の無料練習問題集

TOP 四字熟語問題一覧 四字熟語問題 3

四字熟語問題 3

次の□□を、下の候補から読みを選び漢字に直せ。

1.□□手管
てれんてくだ
人をだまして操る技術や手段のこと。「手練」も「手管」も、ともに人をだます技術や手段のこと。同義語を二つ重ねて意味を強めた言葉。
読み 意味 解答 手練手管
手書きパッド
閉じる
2.□□三寸
したさきさんずん
口先だけで巧みに相手をあしらうこと。また、そのような誠実さに欠けるうわべだけのうまい言葉。「舌三寸(したさんずん)」ともいう。
読み 意味 解答 舌先三寸
閉じる
3.不可□□
ふかこうりょく
天変地異など、人間の力ではどうすることもできないこと。
読み 意味 解答 不可抗力
閉じる
4.厚顔□□
こうがんむち
あつかましく、恥知らずであること。「厚顔」はあつかましいということ。「無恥」は恥知らずということ。
読み 意味 解答 厚顔無恥
閉じる
5.一進□□
いっしんいったい
進んだり、退いたりすること。また、状況などが良くなったり悪くなったりすること。
読み 意味 解答 一進一退
閉じる
6.馬耳□□
ばじとうふう
他人の意見や批判を、特に気にすることもなく聞き流すことのたとえ。「東風」は春風のことで、春風が吹くと人は喜ぶが馬は何も感じていないように見えることから。
読み 意味 解答 馬耳東風
閉じる
7.□□深長
いみしんちょう
詩文や人の言動などの意味が奥深く、含みがあるさま。また、表面の意味のほかにも別の意味が隠されているさま。
読み 意味 解答 意味深長
閉じる
8.□□無実
ゆうめいむじつ
名ばかりが立派で、実質が伴わないこと。
読み 意味 解答 有名無実
閉じる
9.頭寒□□
ずかんそくねつ
頭部を冷やして、足を暖かい状態にすること。健康に良いとされている。
読み 意味 解答 頭寒足熱
閉じる
10.□□空論
くうりくうろん
現実とかけ離れた、役に立たない理論や考えのこと。
読み 意味 解答 空理空論
閉じる
むち  とうふう  いったい  こうりょく  したさき  いみ  そくねつ  くうり  ゆうめい  てれん 
※クリックで使用済みにできます。

全解答を表示 全解答を隠す 次の問題 

級別のWeb問題集はこちら

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2024年6月16日
検定受付期限は2024年5月10日
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

アプリアイコン
毎日漢字
このサイトのアプリ版です。アプリ版では問題の保存機能など、効率よく学べます。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
四字熟語マスター
四字熟語マスター
漢検対策として四字熟語を集中的に学べます。自動で文字を認識するため気軽に勉強できます。
App Storeからダウンロード
漢検準1級 問題集
レベルアップしたい方はこちら。準一級レベルの問題が約2000問。語彙力アップにも。
App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう
漢検3級 出る順問題集
漢検3級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード
漢検準2級 出る順問題集
漢検準2級 出る順問題集
漢検の過去問を徹底分析した「出る順」問題集。
App Storeからダウンロード

スポンサーリンク