漢字検定対策の無料練習問題集

TOP 四字熟語問題一覧 四字熟語問題 18

四字熟語問題 18

次の□□を、下の候補から読みを選び漢字に直せ。

1.□□無魚
すいせいむぎょ
非常に澄み切った水では、かえって魚がすみにくいことから、人もあまりに清廉潔白で正しすぎると、かえって人に懐かれないものだということ。
読み 意味 解答 水清無魚
手書きパッド
閉じる
2.人面□□
じんめんじゅうしん
顔は人間であるが、心は獣のようであるという意味から、冷酷で恩義や人情を知らない人のたとえ。
読み 意味 解答 人面獣心
閉じる
3.相即□□
そうそくふり
関係が密接で、切り離すことができないこと。
読み 意味 解答 相即不離
閉じる
4.□□多難
ぜんとたなん
今後歩むであろう道のりのなかに困難が多く潜んでいること。また、そうであることが予想されること。
読み 意味 解答 前途多難
閉じる
5.共存□□
きょうぞんきょうえい
二つ以上のものが、ともに生き、ともに繁栄すること。
読み 意味 解答 共存共栄
閉じる
6.□□百出
ぎろんひゃくしゅつ
様々な意見が次から次へと出されて、活発に議論が行われること。
読み 意味 解答 議論百出
閉じる
7.行雲□□
こううんりゅうすい
空を行く雲と流れる水のように、物事に執着することなく、自然に任せて行動すること。
読み 意味 解答 行雲流水
閉じる
8.□□千万
しょうしせんばん
非常にこっけいでばかばかしいこと。おかしいこと。また、いかにも気の毒であるさま。
読み 意味 解答 笑止千万
閉じる
9.□□直下
きゅうてんちょっか
事態が急激に変化して、速やかに解決や結末に進んでいくこと。
読み 意味 解答 急転直下
閉じる
10.□□知新
おんこちしん
昔のものごとを調べて、そこから新たな知識・見解などを得ること。「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」または「故(ふる)きを温(あたた)めて新しきを知る」と訓読する。
読み 意味 解答 温故知新
閉じる
きょうえい  しょうし  ぎろん  じゅうしん  りゅうすい  ふり  きゅうてん  すいせい  おんこ  ぜんと 
※クリックで使用済みにできます。
全解答を表示 全解答を隠す

準1級問題はこちら

漢字検定対策におすすめ

次回の漢字検定

次回の漢字検定の日程は2020年6月21日
検定受付期限は2020年5月21日
中止になりました。
詳しい情報は日本漢字能力検定協会公式サイトで

アプリ

アプリアイコン
毎日漢字問題
スマホアプリができました!
AppStore、GooglePlayで「毎日漢字問題」と検索して、是非ダウンロードしてください。
Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク